SSブログ
Genus Luciocephalus ブログトップ

ブルースポット・クロコダイルフィッシュ Luciocephalus aura [Genus Luciocephalus]

aura.jpg
画像引用https://www.google.co.jp/url?sa=i&rct=j&q=&esrc=s&source=images&cd=&cad=rja&uact=8&ved=0ahUKEwj3qIWVxafRAhUGvrwKHQAPC1MQjhwIBQ&url=https%3A%2F%2Fwww.youtube.com%2Fwatch%3Fv%3DWx816LvHvDU&psig=AFQjCNHzN4hlyfGRq56a_6fqXp5sWFCIaw&ust=1483586616694757
Luciocephalus aura

基本情報

学名:Luciocephalus aura
流通名:ブルースポット・クロコダイルフィッシュ
英名:Peppermint Crocodile Fish
生息地:スマトラ島、ボルネオ島
体長:15cm
生息地の水質:pH5.0、導電率3μS、水温25~30℃
繁殖形態:マウスブルーダー

計数形質

鰭条数
D.11-12 A.18-21
背鰭(棘条0、軟条11-12)
臀鰭(棘条0、軟条18-21)

その他の計数形質
脊椎骨数38-40

備考

以前はクロコダイルフィッシュ(Luciocephalus pulcher)と同種だと考えられていたが、2005年に新種として記載された比較的新しい種。
飼育はpulcher種と同じくpH低め、水温高めの清浄な水を用意してやることと飼育初期のウーディニウム、スレに気をつけることがポイント。
餌に関しても同様でよく基本的には生き餌を用いることになるが、小さい個体から飼育をスタートした場合アカムシやクリルに餌付けることも可能である。

クロコダイルフィッシュ Luciocephalus pulcher [Genus Luciocephalus]

pulcher.jpg
画像引用https://www.google.co.jp/url?sa=i&rct=j&q=&esrc=s&source=images&cd=&ved=0ahUKEwi8xvOAwqfRAhXGfbwKHSTnBCsQjhwIBQ&url=http%3A%2F%2Fwil.straatman.com%2F%3Fpage_id%3D313&psig=AFQjCNG8CpoZhriMDop-iimthLF7GIttlA&ust=1483585800429878
Luciocephalus pulcher

基本情報

学名:Luciocephalus pulcher
流通名:クロコダイル・フィッシュ
英名:Brown Pikehead
生息地:タイ南部、マレーシア、ボルネオ島、スマトラ島、バンカ島、ベリトゥン島
体長:15cm
生息地の水質:pH4.2~5.4、導電率10~43μS、水温27~30℃
繁殖形態:マウスブルーダー

計数形質

鰭条数
D.10-12 A.-Ⅰ,19-21
背鰭(棘条0、軟条10-12)
臀鰭(棘条0-1、軟条19-21)

その他の計数形質
脊椎骨数:38-40

備考

トガリガシラの和名を持つアナバス。
肉食性であり昆虫類や甲殻類、小型の魚類等を食べる。
飼育下でも人工飼料に餌付けるのはなかなか難しく、生き餌を要求されることが多い。
ただし、小型の個体は比較的餌付けやすく、アカムシやクリルなどを食べる場合もある。
環境への順応性は比較的に高いがpHは低め、水温は高めの清浄な水を用意してやるのがベストであると思われる。
導入直後はウーディニウムに掛かりやすかったり、スレからの感染症で死んでしまうことも多いので、飼育初期は清浄な水を用意してコンディションに気を配ってやる必要がある。
Genus Luciocephalus ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。